国際結婚手続き 番外編

| トラックバック(0)
日本での就労が可能になるビザ、あるいは配偶者ビザ等を海外の日本総領事館等に申請する際、在留資格認定証明書を提出することにより、ビザ申請手続きがスムーズになり、ビザの発給を受けやすくなります。日本国内の法務省地方入国管理局に交付申請をします。
日本国内企業が海外在住の外国人と雇用契約等を結び、日本に招へいしようとする在留資格認定証明書を日本総領事館等に提出したからと言って100パーセント間違いなくビザが下りるわけではありませんのでご注意下さい。
国際結婚手続きのための在留資格認定申請が不交付になった、質問書の書き方が分からない、必要書類として何を用意したら良いのか分からないなど、一度行政書士に相談してみましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、tsalが2014年3月11日 18:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国際結婚手続きは難解です」です。

次のブログ記事は「ほうれい線を隠すコンシーラーやファンデ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30