ニキビ跡を残さない方法とできてしまった時の処置

| トラックバック(0)
ニキビは皮脂や毛穴が詰まってしまい炎症してしまうことによってニキビができてしまうケースが多いです。
ニキビ跡として残ってしまうことがありますが、ニキビ跡を残さないためにもニキビができてしまった時の対処はとても大切です。
特に顔にニキビができてしまった場合、目立つので気になってしまいます。ニキビが気になるからといって手で触ったりニキビを潰したりしてしまうと、皮膚が炎症を起こしてしまって、ニキビが治った跡にもニキビ跡として残ってしまいます。
ニキビを潰してしまってできたニキビ跡は自然に綺麗に治る事はないのでニキビができてしまった時にきちんとしたケアをする事がとても大事です。
できてしまったら早めに皮膚科に行って治療してもらうのがいいですが、日常生活のケアや食生活の改善でニキビ症状の軽減やニキビ跡を予防してくれることもできます。
特に食生活の改善は有効で、ビタミンCを摂取することによって皮脂の過剰分泌を抑えてくれ、毛穴が開かないようにする作用などがありニキビを予防することが可能です。

こちらでニキビ跡 についても今後詳しく書いています。



トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年11月21日 17:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「牛乳とベビーパウダーの美白美容をする方へ」です。

次のブログ記事は「酵素ダイエットをして日記をつけています。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30